読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

backstage

合唱音源の新着情報の舞台裏

紙封筒をノートPCカバーとして使う

紙製の小包用封筒「パースルバッグ」をノートPCのカバーとして使っています。

f:id:s2terminal:20160925204607j:plain

  • メリット
    • 軽量
    • 安価
  • デメリット
    • 寿命が短い
    • 耐水性がない

一般的なノートPCカバーは、高価だったり、せっかくのノートPCの可搬性を損なうような重量があったりします。 そのぶんデザインや機能性に優れたケースも多く、それはそれで選ぶ価値があると思います。

一方で紙製の封筒は非常に安価で軽量です。 ある程度の傷からは守ってくれますが、なにせ紙製なので繰り返し使っているとガタが来ます。自分は1年弱で買い替えました。 また、ノートPCの天敵である水分への耐性も一切ありません。 ハードな用途には耐えられませんが、日常的な持ち運びには十分耐えうるスペックは有していると思います。

世の中にはいろいろなノートPCカバーが存在していますが、そもそもAppleの新製品発表会でジョブズが封筒からPCを取り出したのがMacbookAirの始まりだったことを考えると、封筒を薄型PCケースとして使うのは自然な流れだといえます。

パースルバッグについて

パースルバッグはクッションが入った紙製小包用封筒で、1つ200円前後で手に入ります。 一般的な文房具屋、ロフトや東急ハンズなどの文房具売場で購入できます。 もちろんAmazon等のECサイトでも取り扱っています。

ヨドバシカメラの文具売場でも取り扱っていたので、PC周辺機器と一緒に調達できます。

サイズ感のメモ

サイズをいつも忘れるので、個人用にメモしておきます。

パースルバッグ No.4

https://www.amazon.co.jp/dp/B003SJ3CZU

  • 外寸: 250x340mm
  • 内寸: 240x325mm

Apple MacbookAir 13inch(227x325x3-17mm)のような 薄型13インチノート と、Acer Chromebook CB3-111(202x299x18.65mm)のような 一般的11インチノート に適したサイズです。

数値だけ見るとMBAが入るかどうかは怪しいのですが、実際にやってみるとピッタリはまります。

パースルバッグ No.5

https://www.amazon.co.jp/dp/B003SASAY2

  • 外寸: 275x380mm
  • 内寸: 265x365mm

こちらは少し大きめのサイズで、Apple MacbookPro 13inch(219x314x18mm)や Microsoft SurfaceBook (232x312x13.0-22.8mm) のような、 13インチの一般的ノートPC がすっぽり入るくらいのサイズです。