backstage

合唱音源の新着情報の舞台裏

Microsoft Azure

【Azure Cognitive Services】画像認識でalt属性の説明文を自動生成してみた

引越して1ヶ月半、ようやく家にネットが通ったので何かコードを書こうと思いました。 Microsoft Azure Cognitive Servicesには便利そうなたくさんAPIがあります。 そのうちComputer Vision APIを使うと、画像を解析して説明文などを自動生成できます。 参考:…

【Azure×Rails】アップした画像に自動タグ付けするWebアプリを作ってみた

ゴリラの画像ならば「animal」、ラーメンの画像ならば「food」、iPadならば「computer」といった具合で、画像に自動でタグ付けをしてみました。 マイクロソフトのCognitive Servicesのうちのひとつ、Computer VisionをRuby on Railsから利用することで、簡単…

【Azure】ブラウザ上から直接SQL実行してみた

先日、Azure SQL Databaseに『クエリ エディター』という機能がパブリック・プレビューで公開されました。 Public preview: Interactive query experience for SQL databases A new lightweight T-SQL editor within the Azure portal is available for all …

【機械学習】AzureMLで合唱音楽レコメンドシステムTwitter Librarian作ってみた

Microsoft Azure Machine Learning(Azure ML)を使って、 合唱音源の新着情報 (twitter@s2terminal) の被リツイート情報 合唱音源の新着情報.com のツイート毎のデータベース内の情報 以上を組み合わせて、RTを評点としてAzure Match Box Recommender モジ…

【mBaaS】Azure Mobile AppsでiOSアプリを作ってみたかった

Microsoft AzureのmBaaS(Mobile Backend As A Service)である Mobile Apps を使ってみました。 azure.microsoft.com コードを書かなくてもバックエンド機能を提供できるので、すでにAzure上にデータを持っている私にとって、かなり楽にアプリを作れるはず…

AzureのSendGrid無料枠でメール送信してみた

Azure上の仮想マシンからlogwatchによるレポートメールを毎日送っていたのですが、ある日突然届かなくなってしまいました。 /var/log/maillog を見てみると「status=bounced」になっており、以下のようなメッセージが出力されていました。 Unfortunately, me…

Azure API Appsで、はてブしたURLをpocketしてみた

ふと「はてなブックマークしたURLをPocketに送りたい!」と思いIFTTTを探してみたのですが、残念ながらはてブに対応していませんでした。 しかしpocketにはAPIがあり、はてブにはweb hookがあります。 これらを繋ぐAPIを開発すれば要望は満たせるのではない…

Ruby on Rails4.2でMicrosoft Azure SQL Databaseに移行

開発中のWebサイト「合唱音源の新着情報.com」で、データベースにはSQLite(Webサーバ内のローカルファイル)を使っていました。 しかしスケーラビリティや耐障害性を考慮し、SQLiteを捨ててデータベースサーバを導入することにしました。 (Webサーバのログイ…

合唱音源の新着情報をWebサイト化する

合唱音源の新着情報.com を作りましたので、その技術的な背景を書き残しておきます。 概要 かつて、 twitterの合唱音源の新着情報 の投稿を自動化するためにアプリケーションを開発しました。 Twitter投稿をデータベースアプリケーションで自動化する - back…

Twitter投稿をデータベースアプリケーションで自動化する

合唱音源の新着情報を運営してきて 真面目に分析 するにあたり、 1600件程度の自由形式なテキストデータを都度grepして分類・集計するのは限界だと思いました。 Twitter上のテキストデータをマスタとするのではなく構造化されたデータベースをマスタとして扱…