読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

backstage

合唱音源の新着情報の舞台裏

【Azure】ブラウザ上から直接SQL実行してみた

先日、Azure SQL Databaseに『クエリ エディター』という機能がパブリック・プレビューで公開されました。

Public preview: Interactive query experience for SQL databases

A new lightweight T-SQL editor within the Azure portal is available for all Azure SQL databases

AzureポータルのWeb画面上からAzure SQL Databaseに対して直接SQLが打てるようです。

さっそくやってみましょう。 「SQL Database」を選んで「クエリエディター」に入り、ID/Passを入れればSQLを実行できます。おわり。

f:id:s2terminal:20170129134149p:plain

先日の記事で使ったクエリを投げてみます。

SELECT 
  DATEPART(YEAR, tweet_datetime) AS year,
  COUNT(*) AS 'ツイート総数',
  SUM(retweets) AS 'リツイート総数',
  SUM(favorites) AS 'いいね総数',
  SUM(impressions) AS 'インプレッション総数'
FROM tweets
WHERE tweet_datetime >= '2014-01-01'
GROUP BY DATEPART(YEAR, tweet_datetime)
ORDER BY DATEPART(YEAR, tweet_datetime) DESC;
YEAR ツイート総数 リツイート総数 いいね総数 インプレッション総数
2017 18 76 176 45,467
2016 223 1,235 2,073 749,193
2015 308 1,700 2,624 863,824
2014 340 2,165 3,147 307,440

入力中の日本語が表示されないなど若干の不自由がありましたが、日本語を含むクエリの実行自体は普通にできました。 レスポンスも良好です。

SQL DatabaseはVisualStudioさえあれば便利なのですが他に良いGUIクライアントがなかなか見つからず…。 特にChromebookや容量が少なくVisualStudioを入れていないWinノートから繋ぐ場合は不便でした。

このクエリエディターあれば、SQL Serverのクライアントが無い環境からでも直接SQLが実行できます。